« マイッタ。゜゜(>ヘ<)゜ ゜。 | トップページ | FFⅩⅢ体験版をプレイしてみた。 »

2009年本屋大賞1位「告白」

いや~やっと買ってきて読みました♪

本屋大賞の作品はいつも楽しみにしているのですが

今回の作品は不思議な感じ。

湊かなえ著:「告白」

じわっと怖いです。基本は鬱です。

どこで中断してもすっきりしない気持ち悪さが残ってしまい、

しかたなく最後まで一気に読む羽目に。

始めから最後まで「語り」で書かれてるせいなのか、

心にジワッと進入してしまうかも。

そう、本当にその場で告白されているような気分に。

アレはヤバイですw

が・・・いわゆる「理系」の天才が意外としょぼかったり、

心の動きが漫画っぽかったりと色々突っ込みどころ満載なのは?な所。

テレビドラマや漫画のサスペンス物でありがちな、

デフォルメされた登場人物たちって所か。

どこかで「携帯小説みたい」と評していた方がおられましたが、

なるほど納得です。

私個人はこういうのも好きなので、(基本的に行間とか読めないのでw)

さらっと楽しめましたが、

「作者の言いたいことは」だとか「この作品の行間に書かれている心情とは」とか

本を読むことにものすごい情熱をつぎ込んでらっしゃる方々には

全くお勧めできないようで酷評もちらほらw

個人的にはこれくらいの軽さで十分楽しめましたが皆さんはどうでしょうか?

でわでわ。

|

« マイッタ。゜゜(>ヘ<)゜ ゜。 | トップページ | FFⅩⅢ体験版をプレイしてみた。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。